みんカラ カラコンの使用期間について

みんカラのカラコンの使用期限は基本的に1年です。
たまに勘違いされている人もいるのですが、これはパッケージを開封してから1年使えるという意味です。
食べ物の賞味期限の場合、製造日から何日という記載方法ですが、カラコンの場合は開封してなら何日という記載方法です。

もちろん、この使用期限はきちんとケアをした場合、1年使えるという意味です。
カラコンを使わないときは保存液に入れるのですが、長期間使わないままにしておくと保存液が蒸発してしまいます。
するとカラコンも乾いて魚のウロコのようになってしまいます。
実はこの状態でも再度保存液に浸せば元のように戻ります。
一見また使えそうですが、一度このようになったカラコンは使用期限内でも使用しない方がいいです。

なぜなら、一度でも乾いたカラコンはかたちが歪んでしまったりしています。
このまま装着すると目に傷がついてしまったります。
また、保存液がなくなっていたということはその間に雑菌が繁殖している可能性もあります。
雑菌がついたカラコンを目につけると炎症を起こしてしまったりするので避けた方がよいです。

みんカラのカラコンは1年使えてコスパは抜群ですが、きちんとケアしないといけません。
これはみんカラのカラコンに限った話ではないのですが、カラコンのケアはしっかりと行ってください。
もし、カラコンのケアは面倒というときはコストパフォーマンス的に劣りますがワンデーカラコンの方がおすすめです。
ワンデーカラコンから1回使ったら捨てるので、ケア不要というメリットがあります。
そのかわり、コストパフォーマンス的にはかなり悪いです。

みんカラは1年使えるので1日あたり10円以下なのですが、ワンデーカラコンの場合は100円から200円以上します。
コスト的には20倍も違います。
しっかりケアができるのであれば、使用期限が1年もあるみんカラのカラコンは絶対おすすめです。

この投稿は2016年6月26日に公開されました。

みんカラのカラコン

圧倒的なコストパフォーマンスと品ぞろえを誇るみんカラのカラコン。
とにかく可愛く盛れると評判で使いやすさや安さも相まって大人気のシリーズです。

その秘密は韓国製カラコンという点にあります。
韓国はカラコン製造大国で色々なカラコンを製造しています。
そのノウハウを集結してつくられたのがみんカラ カラコンです。
実は日本はコンタクトレンズは作っていますが、種類が多いため大量生産しにくいカラコンはあまり作られていません。
1つのシリーズをとってもカラーもたくさんありますし、BCや度あり/度なしなど種類が多すぎてスケールメリットが効きにくいのです。
このため、日本国内で製造しているカラコンは多くはなく、ほとんどは韓国やアメリカなど外国製です。
韓国はカラコンの製造ノウハウがそろっているので、可愛いカラコンをつくれるのです。

また、みんカラのカラコンは注文すると韓国から直接家まで配送されてきます。
輸出などの手続きはショップの方が行いますし、配送は日本の業者が行うので、面倒な手間は一切ありません。
みんカラのカラコンは普通の宅急便の荷物と同じ感覚で受け取れるのですが、実は国際便なのです。
あくまで想像ですが、日本国内で在庫を持つ必要がないので、倉庫代や配送のコストを削減することができ結果として安くなっているのだと思います。
言ってみれば工場直発送なのですから。
韓国はお隣の国なので最短で3~5営業日(月曜から金曜日、祝日除く)で届くのも魅力です。
アマゾンなどで荷物を発送してもそのくらいかかることがあることを考えるとものすごい速さだと思います。

イベントの1週間前に注文しても間に合うというメリットはものすごく大きいです。
カラコンはメイクや髪型と合わせたりするので、直前まで何色を着けようか迷ってしまうもの。
頼んだらすぐ来るみんカラ カラコンはデザイン以外にもこういう時に強みを発揮してくれます。
みんカラ カラコンの詳細はこちらで確認できます。
カラコンに迷ったら試してみることをおすすめします!

この投稿は2016年6月25日に公開されました。