みんカラ カラコンの長期保存について

みんカラのカラコンは使用期限が1年もあってコストパフォーマンスに優れています。
でも、ちょっと待ってくださいね。
この使用期限1年というのはきちんとケアした場合に使える期間のことです。
ケアなしで使える期間の事ではないので注意してくださいね。

まず、最初にカラコンの使用期限についてです。
みんカラに限ったことではないのですが、一般的にカラコンの使用期限という割れている期間は「パッケージを開封してからの期間」です。
ではパッケージを開いてからのケアはどうすればよいのでしょうか?
基本的に使ったらちゃんと洗浄液で洗って保存することが必要です。
保存するときは保存液に浸けてカラコンケースにしまってくださいね。
(最近は洗浄液兼保存液もあるので1つで済ませることができるようにもなりました)

ここで気を付けなければいけないのが、カラコンケースに入れて保存液に浸けたら後は放っておいてもOKではないんです。
ウィークリーカラコンくらいなら問題ないのですが、みんカラのカラコンは1年使えるタイプです。
カラコンケースをしっかり閉めておいても、保存液は少しずつ蒸発してしまいます。
ずっと放置しておくと保存液が蒸発しきってみんカラのカラコンが乾いてしまったりします。
一度乾いてしまったカラコンはもう使わない方がいいです。
みんカラ カラコンや他のカラコンでもそうですが、目のカーブにあわせて作られています。
一度でも乾いてしまうとカラコンが歪んでしまいます。
そうすると、目に合わないようになってしまうので注意してくださいね。

また、保存液はたまには交換しましょう。
2週間に一度、できれば1週間おきに交換する方がいいですね。
カラコンは目に直接つけるものなのできちんと清潔に保つようにしておいた方が安心して使えます。

みんカラのカラコンを複数種類持っている場合は特に保存液の交換を忘れがちです。
保存液を交換する日を決めてきちんとカラコンケアをしましょう。