みんカラ カラコンの着色直系について

デカ目に盛れることで有名なみんなのカラコン(みんカラ)の着色直系についてです。
みんカラは着色直系16.0ミリのカラコンがほとんどです。

16.0ミリって目に入るの?と思ってしまいそうですが、実際はこれよりもう少し小さいのです。
みんカラのカラコンのレンズ直径(DIA(ダイア))は基本的に15.0ミリ。
着色直系は潰した状態で測っているので、レンズ直径よりも大きいのです。

どういうことかというと、下の図のように本来球形のカラコンを潰して着色部分の大きさを測っています。
dia-tsubusi
このような測り方をしているのは、球形のレンズの中にある着色部分を正確に測れないからです。
みんカラのカラコンオスペック表にも潰した状態で測定ときちんと明記されています。

他のカラコンには着色直系が記載されていないことも少なくありませんので、大体の大きさが判るだけでもありがたいと思います。
カラコンを目に着けたときの着色直系を推測する方法としては、カラコンのレンズ詳細画像を見てみることです。
レンズの端から着色部分までの幅を見てください。
レンズ直径(DIA)ーここの幅×2(両端があるので)が大体の着色直系になります。
レンズ直径(DIA)は必ず書いてありますので、あとはカラコンの画像があればできてしまうので簡単ですね。