みんカラ カラコンの使用期間について

みんカラのカラコンの使用期限は基本的に1年です。
たまに勘違いされている人もいるのですが、これはパッケージを開封してから1年使えるという意味です。
食べ物の賞味期限の場合、製造日から何日という記載方法ですが、カラコンの場合は開封してなら何日という記載方法です。

もちろん、この使用期限はきちんとケアをした場合、1年使えるという意味です。
カラコンを使わないときは保存液に入れるのですが、長期間使わないままにしておくと保存液が蒸発してしまいます。
するとカラコンも乾いて魚のウロコのようになってしまいます。
実はこの状態でも再度保存液に浸せば元のように戻ります。
一見また使えそうですが、一度このようになったカラコンは使用期限内でも使用しない方がいいです。

なぜなら、一度でも乾いたカラコンはかたちが歪んでしまったりしています。
このまま装着すると目に傷がついてしまったります。
また、保存液がなくなっていたということはその間に雑菌が繁殖している可能性もあります。
雑菌がついたカラコンを目につけると炎症を起こしてしまったりするので避けた方がよいです。

みんカラのカラコンは1年使えてコスパは抜群ですが、きちんとケアしないといけません。
これはみんカラのカラコンに限った話ではないのですが、カラコンのケアはしっかりと行ってください。
もし、カラコンのケアは面倒というときはコストパフォーマンス的に劣りますがワンデーカラコンの方がおすすめです。
ワンデーカラコンから1回使ったら捨てるので、ケア不要というメリットがあります。
そのかわり、コストパフォーマンス的にはかなり悪いです。

みんカラは1年使えるので1日あたり10円以下なのですが、ワンデーカラコンの場合は100円から200円以上します。
コスト的には20倍も違います。
しっかりケアができるのであれば、使用期限が1年もあるみんカラのカラコンは絶対おすすめです。